キウイの剪定

剪定をすることで、病気や害虫を防ぐことができます。

また、キウイの品質を良くするには欠かせない作業です。


                                             管理人

キウイの剪定方法

キウイは、冬の時期に剪定をしてあげることで、収穫時期に
実を付けることが出来るかどうかが決まってくる果実です。


日よけとしておい茂らせておくと実がとても少なくなってき
てしまうので適切な剪定が必要です。


休眠時期に剪定をせず春になってから行うと、切った枝の先
から樹脂が出てきてしまい枝を腐らす原因となってしまうため、
必ず冬の時期に剪定を行いましょう。


キウイは、前年の実を付けた場所よりも先の枝に実をつけます。
なので、前年実を付けた先枝を残すことで、今年もまた実をつけ
てくれることに繋がっていきます。


しかし、全ての枝を残すのではなく、大きな枝を残しておい
て後の小さな枝は剪定してしまいましょう。切らずに残す枝
は、幹が大きくて瘤があるものが好ましいとされています。


主となる枝から出ている細い枝は、根元からばっさりと勢い
良く切ってしまいましょう。キウイは、日光を必要とする果実
なので実や葉に太陽の光が満遍なく降り注ぐように冬の間に余
分な枝葉をしっかりと剪定しておきましょう。


スポンサード リンク